バーチャルネット右翼きも19歳
CGを勉強してる男の子です。2年を越えるお芋の国での防人を経てようやく東亜に帰国出来きました。座右の銘は「来世に期待age」です。ちょっとシャイで人間の屑の気がありますがみんな仲良くしてあげてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月間きぬくんダイアリー
・完全敗北
実況板で追っかけてたんだけども見事に自民が死んでた
過半数どころか2/3議席もとられてんじゃん、これでは政策通し放題だお。
まあせっかく政権とったんで国家公務員を皆殺しにしてください、それだけが私の望みです。
どうでもいいけど小渕優子って可愛いよね、かなりタイプなんだけど。

・CEDEC行けません
スケジュールの都合で行けなくなりました。
つうか9月末ぐらいまで海外にいます、その代わり10月頭ぐらいにCG、ゲーム系の人集めて飲み会やるかも、やりたいかも。

学生の頃は海外でも人と知り合ったりしてたけども、会社に缶詰なんで基本的にろんりーです。
つうか暇なんでライトノベルとか書き始めました、おいおいマジかよ、どこに向かってるんだよ。
目標は年内、ガガガで竜騎士さんがレビューやるらしいでそこを目指したいけどたぶん無理。

・ライトノベルといえば
化物語見ました、確かに今季No.1といわれているだけはあるかも。
西尾維新って僕よりちょっと年上と聞いてショック、つうかめだかボックスも西尾なんですね。
基本的に僕はそこそこ文才がないのと、絶望的に日本語を知らないのが超弱点。

・オタク・ザ・ベーシック
こっちはDVDのボックスが安いので電気屋に行って大人買い。
攻殻機動隊x2に24にフルメタx2の5BOX買ったけども1万7000円ぐらいだった。
一方ハルヒ2期は無限ループ8話がDVD4枚で2万円していた。

・Micro Rendering for Scalable Paralle Final Gathering (Siggraph Asia 2009)
point rasterizationを使ったfinal gathering。学生の頃、ほとんど似たような事を考えてました。
Imperfect shadow map見て、あ、似たような事やられたなと思ったんですが、これはもっと僕が考えてたのに近い、これよりもうちょい複雑なのを考えてましたが。
つうかSiggraph Asia普通にレベル高すぎです、見てて妙に面白いのが多い。
少なくともRenderingに関しては、Siggraphは1回も通した事もない癖に最近ベタだよなぁとか何故か上から目線で話してしまうんですが、Asiaに妙に白旗パタパタな論文を見かける気がします。

スポンサーサイト


へいろー
・Halo3にGoWが会社においてあったのでやってみました。
何かCoD4房はHaloをやってもGoWをやってもCoD4に比べたらみたいな事しか言わないので本気で死んでほしいってゲーハー板に書いてあったんですが、まあ残念ながらそんな感じです。
面白いんだけどCoD4と比べてしまうと・・・
今年買う予定の洋ゲーはOperation Flashpoint2にL4D2にCoD4 Modern Warefare2の3本だよ。どれも期待。

・Morphological Antialiasing 読んでません、読んでないのかよ。
隣接ピクセルを見てエッジをL型かU型か何とか型みたいなのにあてはめて、それぞれのエッジに対してエイリアスをかけるみたいな感じ。
隣接ピクセルしかみてないのでサブピクセルレベルのアンチエイリアスはかけれないですが、そもそもエッジってのは複数のピクセルにまたがってるので消費メモリ量を抑えながら実質MSAAと同じクオリティーには近づくはずというのが僕の解釈。ただ計算量はそんなに少なくもなさそう、シェーダーで走らせてMSAAとどっちが早いだろうか。
X-BOX360みたいなEDRAMの上限があるのには有効かも。

概念としてはポストプロセスに近いので普通のフォントテクスチャを誤解して解釈したりすることがあるそう。
今、大流行(イヤミ)のDeffered Shadingを使えばもうちょい簡単にジオメトリを切り出せそうな気がしました。
というかちゃんと読んでないので大嘘言ってるかも。

DirectXのBC7の圧縮方法も何かこんな感じのイメージ、ベクトル+スカラーイメージ。
あれはあらかじめパターンを用意してるけども。

・あと、はじめてOpenCLを見てみました。
ドライバインストールして仕様書読んでみましたがOpenGLにFBOを使える人なら何も新しく学ぶほどでもないかもというのが結論。
自分はGPGPUスタイルでいいです。
Scatterが使えるって言われてもなー、それぐらい?


はぬかなる高み
・Beeさんに教えてもらったAutomated Reprojection-Based Pixel Shader Optimizationをやっと読みました

元になってるのは2005年の
User-configurable automatic shader simplificationの論文で

この方法はざっくり言うとシェーダーの最終色は
color = 2x + 8
みたいに加算乗算の結果で出来てるので、高速化の為に男なら黙って2xか(x+8)のどっちかにしようぜみたいな発想。
それを構文木にするんだけども木は学習用のフレームを基にオフラインで作って、ランタイムでは重要じゃない部分のノードは計算せずに再利用を行う。

毎フレーム途中結果をどうやって吐き出してるんだとかどうやってシェーダーの計算をスキップして置き換えてんのかなと思ったらクラスタリングして数を絞ったシェーダーを全部前計算してるらしい。キャッシュ効率わるー。
中間ノードの値をMRTに吐き出して、その値を次のフレームの入力で受けてるみたいな感じかしら。

シェーダー版のライトカットみたいね。
あたしは好きよ、こういう無茶苦茶感のあるの、実用的ですかと聞かれたら即答でNoと答えますけども

・Siggraph 2009で出たCrytechの資料

Kill Zone2で使われたDeffered ShadingとかIrradiance Volumeを実装したよ!とかSSAOを実装したよ!とかそんな感じ。
ほんとこの会社最新のレンダリングアルゴリズム好きなんだなと。
そんなのどうでもいいからCrysisの当たらなさ(クソゲーっぷり)をなんとかしてくれと思う。

あと妙にSSAOがウケてるのが気になりますけども個人的には???です。
実装してみたらよさがわかるもんなんでしょうか。

・Siggraph Asia 2009の採択リストが出る

知ってる名前がぽちぽちと。
あー、今年も結局何も出来なかった。
頑張りたいなー、でもなかなか時間が、あと追っかけるのが精一杯なので新しいアイディアを生み出すほどの余裕がないというか。

・実はまだ続いてたアメリカ生活

なんかこっちのボスに好かれてしまったような日本にいたときの方が居心地が悪かったんじゃないかと思ってしまう。ぼくちん日本の典型的な保守派の人には超嫌われる才能があるので。

ただ今の生活が居心地が超いいかといえばそうでもないわけで既にエンジニアとしての全盛期は残りわずかとなって行く中で、こうやって僕が腐ったみかんのようにヌクヌク生きてる間にも死ぬ気で原画をしあげて次世代の宮崎パヤオを目指す人がいると思うとなんだかなーと。

まあこんな事はとっくに議論尽くされてるんでしょうけども、今の時代って便利になりすぎたお陰で、物を作ろうと思ったら誰でも作れるんだけども、誰でも作れ過ぎるせいで数は溢れ、質自体もそこそこ上がってしまって、やっぱり一人では何も出来ない時代になってて。

大昔は超ブルーオーシャンだったからちょっと時代から外れたキチガイが何人か同じムジナのキチガイ集めて、全部の土台を好きなように作ってた。でもその産業が大きくなっていく上で、今はその分野には日本とか世界の英知が集まってしまってて、飛び抜けた個というのが難しすぎる時代になってしまってて。でもって当時の時代を開拓した人間が最上位の存在でまだ現役にいてちょっとした生神になってて、その生神が若い世代の最強の敵になってる。

僕らの一個上の世代(30-40前後)でもその生神のせいですごい苦労してる、明らかに生神よりスペックが高かったりバランス感覚が卓越した人がいてもそこそこの所で止められてしまう。そんな中でましてや自分の世代が脚光を浴びようとしたら、どうやって道を作っていけばいいののだろうと。

これは今のどのジャンルにも言えて、未だにドラゴンボールやスピルバーグ、ジョージルーカスやさんま、伸介、ダウンタウンが超前線でやってて、だからといって新しい物に面白さがないかと言われたら全然そんな事もなく、週間漫画は面白いし、お笑いなんかでも凄い高いレベルのをやってると思うんだけどもそれだけでさらに上への壁は超えれずに終わってしまう。

うーん、難しい。


閑話休題

いつも一緒に遊んでる精神科でインポの医者の友達がいるんですが、その妹が地方アナでして、前からwikipediaぐらいが出来てるぐらいなのは知ってたんですが、今日ふとブログまでやってるのを見つけて。
全部ふむふむと読んでみたんだけど、まあ地方アナウンサーって大変な割には全然割に合ってないらしいんだけどもやっぱああいう仕事ってメディアにもろに露出して、自分自身をそのままストレートに投げれるじゃないですか。

ブログの内容自体はまあ分かりやすく言えば、「これが楽しかった!」「明日も頑張ります!」「自分に負けない!」「あれが美味しかった!」という4パターンの組み合わせですべてを表現出来るような今の若者を象徴するようなゴミブログなんですが、それでも僕みたいな黒豚ピザDX++がネガティブな視点でパソコンに0と1の信号を組み合わせて何か(=自分)を表現しようとしてるすんげえ遠まわしな人生に比べたら何という分かりやすい自己表現なことかと。

そこに絶望的な壁を感じながらも、やはりこの壁こそが僕に明日を生きさすエネルギーの源であるのです、むくむく。なんやねんそれ。

僕は個人的には2流コピーライターぐらいにはなりたいんだけど、今のところショッカールートです、しかもこれは戦闘員END!


・その他、雑記

つうわけでうみねこはリアルタイムで出来そうにありまえん
ドラクエはちみちみやってます、けどもちょっと吐きそう




Copyright © バーチャルネット右翼きも19歳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。