バーチャルネット右翼きも19歳
CGを勉強してる男の子です。2年を越えるお芋の国での防人を経てようやく東亜に帰国出来きました。座右の銘は「来世に期待age」です。ちょっとシャイで人間の屑の気がありますがみんな仲良くしてあげてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日はラノベ日記
- とらドラ(全巻)、スクランブルウィザード(1巻)、死なない男に恋した少女(1巻)、すてっち(1巻)

とらドラが凄かった。ラブコメの要素をすべて詰め込み、高校青春劇のすべてを描ききってる。キャラの書き分けと憑依度が凄い。みのりんと大河と亜美という、性格も知能レベルも違うキャラを使って世界を回す。泣きはしなかったけどもめぞん一刻を見た時以来の衝撃。まさにラノベ界の高橋留美子。あえて苦言を呈するなら最終巻だけ微妙だった。

学園物を読んでいる際に非常によく見る展開なんだけども、若者よ、前に進むために目標を決めなさいというテーマがある。とらドラでは会長が宇宙飛行士になりたい、みのりんがソフトボールの日本代表になりたいという長期スパンの夢を持っていた。目標があればどんな困難が待ち受けていようと前に進めると。その生き方は実に美しく描かれている(実際はそうでもないと思うけども、言いたい事は凄く分かる)。購買層は男子中高生だろうからどストライクのテーマなんだけども、このテーマは15歳ぐらいの学生からすれば難しいテーマなんじゃないかあと思う。みのりん萌えーだけで終わってしまいそうだ。というかそこそこ才能のある美少女が強い信念を持って突き進む普通にかっこよすぎなんで、むしろ最終鬼畜萌え技になってしまっている。

結局、おいらだってパソコンで食っていこうと漠然な思いはあったけども、まあそうするには工学部かな、で、まあほぬあほぬあみたいな漠然な感じで生きてきた。むしろ、27の社会人になってようやく自分が生きてるうちに出来そうな事、出来なさそうな事の区別が付いた。出来ない事は悲しい事かエンジニア道を極める事、CG界の頂点を目指す事。結局は自分の才能を見極め、出来ないかもしれないけども頑張れば出来るのかもしれない、という所を突き進む、それが生きる意味なのかなあと。

ちょっと話はそれるけども、こういう事を言うとアレなのかもしれないけども、身近で凄い40代を見たことがないのだ。人生で未だ一度も。30代では、おお、この人すげーみたいな人をよく見るし、あの人の一部分を自分の人生の目標にしたいというのはあるのだが、40代にはいないのだ。なんなんだろうこれ。

- メモ帳
去年末に、DXTC 圧縮を使ってGIアルゴリズムの計算切り上げを早くしようと考えたけども、DXTC テクスチャが思った以上に高周波成分を残してしまい、まあよくよく考えるとDXTC は圧縮率4倍程度なんでそれもやむなしかと最近思うようになって、やはり、圧縮率100倍近くを出せる H.264 可変ビットレートの動画フォーマットの方が使うなら妥当だろうと。GPU レイトレしながら CPU はリアルタイムエンコード出来ないかなあと。nVidia が サンタクララかどっかに GPU クラスターを置いて iphone からストリーミングを見れるみたいなサービスをしてるって言ってた。H.264 はタイルサイズも可変なので、G-buffer を使ってタイルサイズを自動で求めたり、動き予測も計算なしで出来るし(これは昔やったんだけど、精度はブロックマッチの方がどうしても上になってしまう、が高速化なら話は別だろう)。てなことを今のドタバタが終わったらやろうと思い始めました。
スポンサーサイト


CG はやっぱりおもちろい
- Siggraph
すっごい疲れたけども楽しかったぁ!
5年ぶりのコンベンションセンター、毎日ヒットポイントが無くなる感じ。飲んで寝て、飲んで寝て。
いっぱい面白い論文見たよ。
MPI の元同僚にも何回か声を掛けられた。世界はレベル高いなぁと思った。もうちょっといい表現はないだろうか。

余韻はそれなりに続いていて、ちょっと何か勉強しようかなと思い、Bullet をダウンロードしてきて、ちょこちょこっとサンプルを切り出して、コンパイル出来るようになった所なう。結構でかめのライブラリなので遊べるようになるまで時間がかかりそう。数学ライブラリの上位に衝突判定があって、その上位に剛体機能があって、その上位にマルチスレッド機能や OpenCL 機能や、soft body dynamics の機能があるという切り分けみたいなの。とりあえず剛体機能を触れるようになりたいです。今はアルゴリズムよりもライブラリの概念を理解ちう

- GI に関して一つだけ
Global Illumination Across Industries
http://www.graphics.cornell.edu/~jaroslav/gicourse2010/
前半の Jaroslav Křivánek、Per H. Christensen、Eric Tabellion の部分だけ。
まあ、僕なんかはこの3人の論文を読んで、青春は全部これだったのでそこの感想。
http://www.seanet.com/~myandper/abstract/memo0801.htm
の Point-Based Approximate Color Bleeding が基本ベース。
とにかくポイント最強論、ベースになってるのは、precomputed irradiance や irradiance cache の時代からあったポイントの概念。これをシステム全体に使い出すみたいなノリ。目新しさはなくとも超使えそう感が半端じゃない。
Christensen 先生の方法は昔から超シンプル。前提知識の全くない中学生でも理解出来るような GI の考え方。双方向パストレとか、メトロポリス時代の行く末にこういう所に落ち着くのかと思わされる。一方で、パストレ力押しの考え方はやっぱり色んな所から見えた。特に nVidia (CUDA) から。

- 中田翔
やっと、やっと出てきたよ。純粋に見てて楽しい。
正念場は来年だと思うけども、どこまで打てるんだろう。
40本とか打ったら死ねるかも。

- 花澤香菜(声優)が夢に出てきた
目が覚めて、あれ、俺重症?と思ってしまった。ブラウン管の向こうのキャラが夢で現れるなんて、中学時代、ELT の持田香織が病的なぐらい好きだった時も夢に出てくることなんてなかったのに!あ、一回だけあった。四年ぐらい前に春菜まい(AV女優)が好きすぎて夢に出てきた事がありました。こんなオナニー文章、本来ならメモ帳の裏に書くのすら躊躇うのだけども、あえて書いてみました。

- とらドラ!
5巻まで読んだ。だめだ、名作すぎる。
こういう青春を全く送ってないのにも関わらず、萌えてしまう。
みのりんと会長の強さが半端じゃない。




Copyright © バーチャルネット右翼きも19歳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。