バーチャルネット右翼きも19歳
CGを勉強してる男の子です。2年を越えるお芋の国での防人を経てようやく東亜に帰国出来きました。座右の銘は「来世に期待age」です。ちょっとシャイで人間の屑の気がありますがみんな仲良くしてあげてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GPU Computing 勉強
: OpenCLお勉強
色々と言葉の定義の勉強から。

- プラットフォーム
ATI Stream とか CUDA とかそんなの。
OpenCL が動く低レイヤーのデバイスドライバみたいな感じ。
clGetPlatformIDs 関数を使ってプラットフォームの数とかそのリストも手に入る
clGetPlatformInfo 関数でプラットフォームの情報が参照出来る、どこ製のどんな名前のプラットフォームなのかとか。

- デバイス
並列演算を行う人
Radeon とか GeForce とかららびぃぃぃぃとかそんなの。
とか思ってたんだけど、普通に CPU と GPU が出てきた。
AMD の CPU は認識出来るという噂を聞いたけど、僕のIntel製だけど認識された。
clGetDeviceIDs でデバイスの数がわかる、CPU と GPU と DSP の数がわかる。
clGetDeviceInfo でデバイスのスペックが分る、演算機の数とか。

僕のマシンでは Core2 Quad CPU で演算機数は4。まあこれは 4コア だからそのまんま。
Radeon HD 5870 の演算機は10になってた、1SIMD-Coreが 80=16x(4+1) のスカラー演算機だからたぶん合ってる。
後、Radeonの CL_DEVICE_NAME は Juniper ってなってた、調べたら Radeon HD 5700 番以降のコードネームらしい。

CPUも思う存分、並列処理を考慮出来るわけですね。

: 私信
> 僕の中ではエラー=バイアス+分散(ノイズ)なので,バイアスにエラーがでるという表現で混乱してました.

あ、すいません、こっちが正しい日本語です。
圧縮のメカニズム(DCT or wavelet)とバイアスと分散の関係性(Beeさんの手法とかBias Compensation for Photon Mapsとか)
の考察から無理矢理因果関係がつくれたらいいなあとか、そんな感じですね。

: Rendering from Compressed High Dynamic Range Textures on Programmable Graphics Hardware (I3DG 07)
http://www.liyiwei.org/
DXT5圧縮テクスチャ を 2枚使ったHDRの圧縮、16ビット浮動小数を使う3倍の圧縮。
Halo3 で使われてるの?かもしれない。
ちゃんと読みます。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © バーチャルネット右翼きも19歳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。