バーチャルネット右翼きも19歳
CGを勉強してる男の子です。2年を越えるお芋の国での防人を経てようやく東亜に帰国出来きました。座右の銘は「来世に期待age」です。ちょっとシャイで人間の屑の気がありますがみんな仲良くしてあげてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週刊きぬくんだいあり April 4th
- Siggraph 2010
http://kesen.realtimerendering.com/sig2010.html
MPI から8本も出てる、すげー。
と思って、MSR を数えたら10本だった、なんだこいつら。
Kun Zhou は毎年毎年あたりまえのように5本ぐらい通してるし。

とりあえず気になったタイトル列挙
-- From Image Parsing to Painterly Rendering
-- Gesture Controllers
-- Reducing Shading on GPUs using Quad-Fragment Merging
-- Real-Time Lens Blur Effects and Focus Control
-- Interactive Hair Rendering Under Environment Lighting

- Call of Duty 脱サラリスト
http://gs.inside-games.jp/news/228/22831.html
ああ、僕が世界一愛した FPS がもう遊べないのね。
この流れに無印の Operation Flashpoint と同じ悲しさを感じてしまった。
でもこうやって一人辞めたら、みな辞める的なノリに男気を感じない事もない。

- エヴァ BD が予約 47 万枚、DVD が 27万枚ぐらい。
http://ameblo.jp/sinobi/theme2-10000122778.html
なんつう数字だ、圧倒的にミリオンいくのか。
ああ、僕もようやく BD プレイヤーを買う時がきたのか…
ちなみに僕の友人は5回位見てました、いや、面白いけどさ…。

- iPad
実は見る機会があったので触らしてもらいました。
おお、なるほど、確かに触ってみると欲しくなるのもわかる。
とにかくサクサク動く、エクスプローラーにしろ動画にしろ、でかい画面でさくさく動く。
ただ、さくさくメーラーやメディアプレイヤーの為に5万円とか…百聞は一見にしかずというのも納得だが、阪急電車の中でこれをやれるかと言われたら甚だ疑問。俺はやれるけども。

- ラブプラス論
http://www.4gamer.net/games/094/G009426/20090831014/
> はい。最少人数って普通に考えたら一人なんでしょうけど,それは違うんです。
> なぜなら,男って人生の中で“年上が好きな時期”と,“同世代が好きな時期”“年下が好きな時期”という三つのフェーズがあると思うんですよ。
> 僕にはあったんです! そのフェーズを分析すると,それぞれ相手に対して要求しているものが大きく違うので,最低でも三人は必要だと考えました。

完璧病気めいた発言だけども、その中に真実がある。
昔、Noel とかいうギャルゲがあって絶望的にクソゲーだったんだけど凄いはまってしまった。ちなみにその発言には何の真意もないです。

- 第9地区
来週見に行く予定です。

- Angel Beats 第三話
http://key.visualarts.gr.jp/angelbeats/blog/
だーまえの開発ブログを全部読んでしまった。
なんかすげー長いスパンこの人休職してるんだけどもこの人。
内職やってるようにも聞こえるしKey とどういう繋がりでやれてるんだろう。

- NARUTO 疾風伝
何度も言っているけどもペイン編は僕の中で最高の傑作の一つ。
岸本先生の凄まじい所は六道仙人の時代とかはともかく、作品内だけでも三代目火影、伝説の三忍、四代目火影、カカシ、ナルト、(木の葉丸)の五世代を師弟関係含みで描いているところ。ペイン編は自来也の残した物の最後の総決算。それがすべてが最後はナルトに集結してて泣ける。超泣ける。
ワンピはもちろん日本漫画史に残るぐらいの名作なんだけどもこの漫画は実は二世代しか描く気がない。ロジャー、白ひげ、シキ、センゴクの時代と、黒ひげ、ルフィのいる新時代の二つ。世代交代ってのはもっと細かいスパンで行われるべきだし、本来はクロコダイルやドフラミンゴ等の中間世代があるにも関わらず、彼らは完全に新時代の引き立て役かむしろそっちの時代にカテゴライズされてしまってる。

- みやほん引退論
http://blog.esuteru.com/archives/323400.html

> 周囲を見渡して、どのように高齢の漫画家が漫画を描き続けているか、
> 映画監督がいつまでも新しい映画を撮り続けてるかを見てみて、
> 彼(女)らは引退することはないのだとわかりました。

おいらが以前取り上げた、第一線の人間は基本的に生涯現役。
やっぱりほっと安心はするし、第一線の人間に食わしてもらってる間は、やっぱり第三世代は血を吐き続けないといけないというおいらの持論。そうでないと最後は実績ナシ、決断力ナシの歳食っただけの、膨大の仕事を処理するという苦労はしてきたけども、無から何かを生み出す苦労は知らない人になっちゃうから。前に第二世代の偉いさんと話した時にこの話をしたら無難な解答をされた。違うんだよと思った。そこで、すべてを感じて、血を吐いて、高みを目指せぐらいを言って欲しかったのだよ。それを胸張って言えるなら、その人はそうしてきたんだろうなあって思えるから。
前の世代の人のすべきことは、後ろの世代が飛ぶための壁を作ること。ただ、第二世代の不幸な所は第一世代に未だ引き離されている。これは第二世代は第一世代の下請けだったら仕方ないところはある。第三世代は下手をこけば下請けの下請けになってしまう。考える時間も手を動かす時間もあるんだから、そうならないように生きて行こう。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


District 9 私も見ようと思います。
とりあえず DVD かな。
Kira | URL | 2010/04/19/Mon 02:28 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © バーチャルネット右翼きも19歳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。