バーチャルネット右翼きも19歳
CGを勉強してる男の子です。2年を越えるお芋の国での防人を経てようやく東亜に帰国出来きました。座右の銘は「来世に期待age」です。ちょっとシャイで人間の屑の気がありますがみんな仲良くしてあげてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナルトは依然として神モード
人の歴史ってのは戦争の歴史であって、それは同じ民族であっても繰り広げられる。
武器や交通が科学の進歩と共に発展し、同じ民族同士の争いから他の民族に戦争は移る。
歴史上の英雄が幾度も国を統一するけども、それは長くは続かない。
歴代王朝は何百年も持たず最後は腐敗を起こし崩壊、また戦争が始まる。
でもって武器は核兵器という究極的な所までたどり着いて戦争の頻度は激減。
核の抑止力っていう変な力の基に世界は偽りの平穏の時代に突入。

でも小規模の戦争はまだ続いている。
その戦いは核抜きでという奇妙なルールでお互いが潰し合われる。
殺し合いが行われてるのにその中には暗黙のルールがあったりする。

そんな人の争いの歴史の流れの中で今我々がいるのが現在。
ほとんどの現代を生きる人は今を点で捕らえてるけども本当は線の中の歴史的稀有な戦争lessな時代にいるだけなのだ。

人ってのは本質的にはお互いに憎しみあい、でもってそこで愛が生まれ、ついでに憎しみが生まれ、それが小規模であれ大規模であれ延々と繰り返されている。

そんな中、今週間少年漫画で日本二位の人気を誇るナルトという漫画でそんな世界、いや人間の普遍的な要素を描いている。
これは凄い、本当に凄いと思う。

かつてドラゴンボールでフリーザが出てきたとき、少年漫画に衝撃が走った。
ただそれは、その強さや悪さの象徴みたいな物に衝撃が走っただけだった。

ハンターハンターで王が出てきた時も衝撃が走ったけども、あれも違う。
あれはコムギと王やピトーや、それを戦う主人公ゴンらの感情描写の移り変わりの芸術的な美しさに衝撃が走っただけだった。

ナルトのペインは違う。
この現代を、人間の普遍性や憎しみといった物から必然的に生まれたボスだからおいらに衝撃が走った。
ペインは言う。これからも人の憎しみが連鎖されると、自分のする事はその憎しみの連鎖を一時的でも力で食い止める事だ、それが彼の望む平和だと言う。
じゃあ、我々人はどうなんだろう、この核の抑止力の下で、いったい日本はどう向かっているんだろう、世界は、アメリカや中国はどう向かっていくんだろうか。

自来也先生の言葉が身にしみる。
「だがのォ…こんなワシでもこの忍の世に憎しみがはびこっているのは分かる。」
「その憎しみをどうにかしたいと思っとるんだが、どうしたらいいのかワシにもまだ分からん…だがいつかは……人が本当の意味で理解し合える時代が来るとワシは信じとる」
「……思い返せばワシの物語は失敗ばかりだった……綱手にフラれ続け、友を止めることも出来ず、弟子と師を守ることも出来なかった……火影たちが成した偉業に比べればワシのしてきたことは取るに足らぬくだらぬことばかり……」

どうもメタルギアソリッドも似たような物を描いてるそうなんだが俺は全然わからなかった、描写のせいなんだろうか、台詞のせいなんだろうか、リアル系だからだろうか、ゲームだからだろうか、押し付けられてる感があるからなんだろうか。
いったい何が違うんだろうと考えずにはいられない。
原因はまだわからんまま。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © バーチャルネット右翼きも19歳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。