バーチャルネット右翼きも19歳
CGを勉強してる男の子です。2年を越えるお芋の国での防人を経てようやく東亜に帰国出来きました。座右の銘は「来世に期待age」です。ちょっとシャイで人間の屑の気がありますがみんな仲良くしてあげてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今人生で出会う予定のなかったイベントボスが誰かのバグのせいで出現してしまったの巻
以下は普通にフィクションです

中小企業の社長愛人であるみずほちゃんに恋をしたもののはいいもの、彼女への片思いはエンドレス地獄みたいなものでした。

「この前インプラントの手術して100万かかったんだけどお金は全部出して貰ったんだよねー」
「目の手術したときも30万かかったんだけどもそれも違う人が出してくれるって言ったから出してもらった」
「この前、パトロンが家に食料をいっぱい送ってきたんだけども彼氏に見つかって誤魔化すのが大変だったよ」
「この前超高級のキャバクラに連れってもらったんだけど、超高級ってのは接客のレベルが高くて結構楽しいよ」

もう駄目です・・・Aくんにとってこの恋とはあまりにも修羅の道に近いものがあります。
可愛いとはそれだけで究極の存在でした。
始めは愛情や憎悪みたいな感情が渦巻いてましたが、次第にこの不条理には適わくなり、白旗をパタパタしてしまいました。

価値観やアイディンティをすべて破壊され、Aくんはひよこみたいな状態に戻ってしまいました。
Aくんはひよこの眼差しで明日を見つめています、その先にはいったい何が映っているんでしょうか。

Aくんはみずほちゃんとの共通の友人であるふーみ師匠に色々と相談をしました。
「うーん、みずほで思うのは彼女はやっぱり鈍感である事なんだよ。愛され続け、お金に全く困らないっていうのは余りにも恵まれすぎてて、どんな賢い人でも感覚を鈍感にさせるんだよ。少なくとも私はそういうでありたくないと思うな、常にそういった感性や感覚に敏感でありたいんだよね。別に私は羨ましくないけどね、彼氏には捨てられたけど別に仕事あるし貧しいけどお金も適当に稼いで幸せだし。まあ私もみずほみたいなのは出来ないけど。まあもしそれでもみずほを好きでいたいんならせめてそういうのに動じない寛大な男になるしかないね、マンション買って貰ったとか言われても動じないような男にねw」

なんとなくなんですが人として敏感でありたいというフレーズが印象に残りました。
みずほちゃんは滅茶苦茶頭がいいんですが、時にその鈍感さがアダとなって信じられないような発言や行動を取るときがありました。

Aくんはとある日、みずほちゃんのパトロンである中小企業の社長、その社長の嫁、その会社の従業員、みずほちゃん、みずほちゃんの彼氏、キャバクラにはまりまくってる年収1100万ぐらいの先輩、NARUTOのペインの7役ぐらいを脳内処理で演じ続けながら、ひたすら考えてみました。途中で知恵熱で倒れそうにもなりましたし人自身に絶望もしかけましたが、それでも一応考えた事なんかは全部メモリーに残す事にしました。


かつて西洋の地で、お互いに愛しあったカップルがいました。
その二人はお互いに愛し合っていたにも拘らず、彼氏が「君は日本の生まれだ。それに比べて俺は生まれも育ちもよくない、きっと君を幸せに出来ない。恋は現実には人種や差別、格差や宗教のすべての困難は乗り越えれない。だからもっといい出会いをしてください」と言いお互いに泣きながら分かれたといいます。

その話書いてる時に受験中に「俺はお前の事全然好きだけど、お互い受験生だからお互いの為に分かれよう」とか言って翌週に違う子と付き合ってる高校の同級生を思い出しました、モノは言いようです。
ちなみにその違う子と自習室でにゃんにゃんしてたので先生側にリークしてしまいました。
その後、妙に彼だけ先生方の沸点温度が低かったけどもあれは僕らがリークしてたからなんだ、ごめんね>Fくん。
でも自習室で普通にゃんにゃんはしないだろ常考・・・
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


フィクション面白いです。わっふるわっふる。
nikq | URL | 2009/04/12/Sun 11:49 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © バーチャルネット右翼きも19歳. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。